What if you used the formats of episodes and advertisements to tell the story of a horror cult cartoon character?

Gunkworld

Using a unique format of episodes and advertisements:

GUNKWORLD is a short film about a horror cult cartoon series on TV where the main characters: Gunkman, Sallysweets and Roboji, are cute monster schoolchildren who terrorize human characters. Outside the TV show, GUNKWORLD begins to advertise its brand through commercials and merchandise, which quickly gains popularity at an unholy rate. The entire planet eventually becomes crazed, all their thoughts replaced with messages from GUNKWORLD. Back in the TV show, Gunkman starts to miss his lines. Gunkman is up to something...

As a film, GUNKWORLD overloads the viewer with loud, colorful and compressed visuals, audio, stories and designs, playing with ideas of hypnotic subconscious consumption. It paints a vibrant yet ugly picture of needless ‘over-consumption’ and loss of control. GUNKWORLD is also a love letter to Japanese media, seen from the eyes of a child growing up in Singapore during the 90s.

独特のエピソード構成と広告のフォーマットを活用:

「ガンクワールド」はホラーカルト風なテレビアニメを目指したショートフィルムです。登場人物のガンクマン、サリースイーツ、ロボジは、コワかわいい怪人の子どもたち。人間の子どもを怖がらせます。 「ガンクワールド」はアニメ本編の他、合間のCMにも浸食。さまざまな商品を展開し、現実世界での人気を高めます。最終的に地球全体が「ガンクワールド」の支配下に。人々の思考は「ガンクワールド」からのメッセージに置き換えられてしまいます。

映画作品としては、「ガンクワールド」は潜在意識とそのコントロールをアイディアに、さまざまな工夫を施しています。ストーリーを通して表現されているのは、商品宣伝やマーケティングの「観ている側」に対する侵略的な性質です。不必要に「過剰な消費」を煽る活気ある姿、でも一方で醜い姿を映し出し、自己コントロールを失う姿を描きます。観ている側が、実際にリモコンを手に取り、電源を落とすまで、この侵略は続くのです。あるいは、もしかして……